無知は罪

無知は罪~医者にも薬にも頼らない生き方のススメ

赤ん坊

「無知は罪」

いきなりキツイ一言でごめんなさい。

けれども「医者にも薬にも頼らない生き方のススメ」では

知らないままでいること、知ろうとしないことは罪と考えます。

私達が、日常、良かれと思って当たりに行っていることが

実はすべて良くないことであるかもしれない。

そんな風に考えたことがある方は、どれくらいいるでしょう。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

良かれと思ってしていること一覧

熱が出たら、風邪をひいたら、下痢をしたら病院に行き薬を飲む。

それが本当に体にとって必要で正しいことであるとは

言いきれるでしょうか・・・??

さてさて、私達が健康に生きるとはどのようなことでしょう。

1、体の健康

2、心の健康

3、経済の健康

4、社会・地域の健康

5、国・世界の健康

6、地球の健康

7、宇宙の健康

健康とは、上記のすべての要因に当てはまります。

そして、この中にはもちろん私達人間だけではなく

植物や昆虫、動物たちの健康も含まれます。

当然ながら、私達は相互に関係しあって生きています。

この社会にはびこる「問題点」を、無視して健康にはなれません。

「知らぬが仏」では済まされない現状

このブログをお読みいただければ

この意味がわかっていただけることと思います。

それほど事態は深刻な状況です。

しかし、まだ道はあります。

それは私達が「知る」こと。

今までの常識を疑うこと。

いままで常識だと思っていたことは

本当はそうでないことの方が多いかもしれないのです。

そして、良かれと思ってしていることが

本当は良くないことかもしれない、と考えること。

ともに知識をつけ、学び、賢く生きようではありませんか。

私達がそれぞれ自分の中に持っている

自然治癒力を呼び覚ましましょう。

そのために、進んで自ら調べましょう。

本来の私達の状態でいれば、病院も医者も薬も必要ないのですから。

お医者様、産婦人科医、小児科医、看護婦さん、病院・医療関係者、薬局・薬剤師の皆様

  • このエントリーをはてなブックマークに追加